岩湧山・後編_5月上旬

 前編のつづき⇒「岩湧山・前編_5月上旬」 http://toshi-an.at.webry.info/201405/article_2.html

 今回、滝畑ダムからのルートにしたのは、山焼き後の様子を見るのと、もう一つ、紀見峠経由でリニューアル後の紀伊見荘に立ち寄り、温泉に浸かって帰る目的もあり。

画像

 山頂の三角点。反対側からも次々と上って来る方々、挨拶を交わしつつ進みます~。

画像

 山頂広場を振り返ってパシャリ。山焼き後の山頂は見晴らしも抜群、道横の斜面とかで、寝転がって昼寝している方、アマチュア無線で通信してる方、御昼寝は気持ち良さげで、無線は楽しそう~。

画像

 トイレに立ち寄り、先に進みます。

画像

 途中の開けた所からの展望。

画像

 五ツ辻を通過~。

画像

 阿弥陀山前分岐に到着、自然林の小道の方へ~。この辺り案外平坦なのでサクサク歩けます。

画像

【チゴユリ】

 シャキーンと上向いてるの見た事が無い・・・日中は苦手!?

画像

 この辺りまで案外平坦なのでサクサク歩けます。

画像

【?スミレ】


画像

 三合目で一休み、紀見峠方面に真直ぐ進みます。(右に下ると越ヶ滝分岐経由の紀見峠駅へ)

画像

 三合目手前、ダイトレコースの急登。根っこ道やら急階段で結構下りも膝にきます・・・

画像

画像

 鉄塔横を通過し直ぐに砥谷林道分岐。ここを紀見峠方面に行くと直ぐに廃?作業小屋と経塚有り。

画像

画像

 経塚を過ぎて、丸木橋を渡り、ボ谷ノ池を通過~。

画像

画像

 ビニールハウスのある作業場?へ下り、棒谷林道分岐を右に紀見峠へ~。(地味にアップダウン有り)

画像

画像

画像

 鉄塔を過ぎて、下っていくと紀見峠に到着~。峠の案内板をチェックして居られる方も、どうやら金剛山方面から来られた様子?


画像

画像

画像

 紀伊見峠宿場跡の方を通り、コンクリの急坂を下り、田植え準備の里道を通って紀見峠駅方面へ。


画像

 駅手前の紀伊見荘に到着~。

 温泉で汗を流して、のんびりくつろいで帰宅です。


 山焼き後の山頂は、すごく広々していて景色最高でした。ビニールシート持って行ってゴロゴロ昼寝も良いな~。焼き後からは青々とした植物が、元気に芽を出し、これから夏から秋にかけて、いろいろいな植物が見れるのも楽しみです。


【アクセス】
<往路>
・電車:南海高野線_「三国ヶ丘駅」~「河内長野駅」・・・\380
・バス:南海バス_「河内長野駅前」~「滝畑ダム」・・・\530
<復路>
・電車:南海高野線_「紀見峠駅」~「三国ヶ丘駅」・・・¥490
※紀伊見荘 入浴・・・\540

▲滝畑ダムバス停・・・>登山口・準備(10:09)-(10:31)カキザコ-(11:13)鉄塔75-(11:26)山頂・昼食

▼山頂-(12:39)トイレ-(12:59)東峰-(13:03)五ツ辻-(13:14)阿弥陀山前分岐-(13:27)根古峰-(13:36)三合目・休憩(13:46)-(13:59)砥石谷林道分岐-(14:08)ボ谷ノ池-(14:15)棒谷林道分岐-(14:30)鉄塔-(14:43)紀見峠-(15:12)紀伊見荘・・・>紀見峠駅

【HOLUX M241c GPSロガー「Yahoo_ルートラボ」ログ】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック